ペットについて。あなたは猫派?それとも犬派?

22 2月

はっきり分かれる、猫派と犬派の心的傾向。

「ペット」というとあなたはどんな動物を想像しますか?例外もあるとは思いますが、多くの方は「犬」もしくは「猫」を想像すると思います。「どっちも同じくらい大好き」という方もいますが、たいていは「犬」のほうが好きな人と「猫」のほうが好きな人、どちらかに分かれると思います。「犬」と「猫」では性格がまったく違うので、当然「犬好き」と「猫好き」の性格も違ってきます。そこで「犬派」と「猫派」の心的傾向の違いについてまとめてみましょう。

犬好きの人はどんな性格?犬派の心的傾向。

犬というのは大変従順な生き物で、家に帰るとしっぽを振って出迎えてくれたりなんかしますね。そしてまた、どこにでもついてきてくれるので、寂しさを紛らわしてくれる存在です。だから犬好きの人は寂しがりの人が多いと言えるでしょう。また、犬はとても散歩が好きでアクティブです。ですから、犬好きの人は屋内にいるよりも、屋外でのびのびと活動する、アウトドア派が多い傾向があります。エネルギッシュで人好きで、相手に尽くす事に喜びを感じる。それが多くの犬好きの人の特徴と言えるでしょう。

猫好きの人はどんな性格?猫好きの人の心的傾向

猫は、大変自由を好み、一匹で単独行動することが多い生き物です。ですから、猫好きな人も、一人で自由に行動するのが好きで、どちらかと言えば社交的というより内向的な人の方が多い傾向があります。また猫は犬と違い、いつも誰かにかまって欲しいわけでなく、構って欲しい時だけ擦り寄ってき、無駄を嫌います。なので猫好きの人も同じように気分屋で合理主義的な人が多いでしょう。一概には言えませんが、そのように猫好きの人はマイペースで少し内気な人が多いと言えます。

ペットショップでは、様々な種類の生き物を取り扱っており、飼育方法などのアドバイスも受けることができます。